男の股感を刺激する今日のおかず素人娘の巨乳おっぱい・ハメ撮り・エロ画像からエロ動画まで!素敵なエロライフをサポートサイト!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク LINEで送る

素人AV体験撮影533_つかさ20歳OL【サンプル動画有】

siro-1578_01


眠い!もう酒のんで朝まで、次の日普通に会社とかまじ眠いししんどい。もちろん後先考えずに余裕ぶっこいて調子乗った私がいけないのは分かってる、だけどまだ20代の若者としては攻めの姿勢を崩したくない。ウコンとか飲みたくない。なんならちなみに今晩は迎え酒で追い打ちかけて仕上げるつもり。はーあ眠い。酒やけして喉いたい。椿鬼奴みたい。最近楽しいことないから、とりあえず飲んじゃう。ひとりでも飲んじゃう。皆がいたら絶対飲んじゃう。きっと刺激が足りないんだよなあ。だからってまさか自分がAV出るなんて思わなかったなあ。なんかナンパって感じじゃないとは思ったんだけど、ぶっちゃけなんか暇だったからついて行っちゃった。男と話してないし最近。そしたらやっぱホテルだよね。そうなっちゃうよねやっぱ。まあセックスも久々だったし、あとからなんかお金ももらえたし。いい刺激にはなったかな。
このエロい素人娘の抜けるエロ動画はコチラから
続きを読む


関連記事

   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク LINEで送る

素人AV体験撮影452 ゆう 20歳 学生【サンプル動画有】

siro-1247_01



ゆうは笑ってる。トリ○ドル玲奈を思わす可愛い顔で、いつもチャラチャラと笑って適当に生きている。なにか聞かれても『へ?わかんないよ』と言いながらへらへら笑って適当に誤魔化すのだ。テレ屋さんなのかもしれない。基本的になんでも誤魔化すが、優しくてMっ気がある彼女はとても押しに弱い。こちらからエッチなリクエストをすると、『え〜〜??しょうがないなあ、今回だけだぞ☆』なんて言って笑顔で受け入れてくれる。しかし、照れ隠しの一貫なのか、電マで攻めてもクンニをしても、声を上げてくれないので思わず「気持ちいい?どんな感じなの?」なんて聞いてみたが『んふふ☆やば〜い』と言いながら適当に笑いながらヘラヘラされてしまった。僕はもう半ばムキになり始めていた。彼女が嫌がるようなプレイで執拗に攻め立て、どうにか彼女の顔を歪ませてやろうと試みたがどうにも彼女のペースに巻き込まれてしまう。まずいと思った私は、中出しを試みた。行く寸前に「中に出すよ??いい??」と聞くと、『中はダメ!!』彼女の顔が歪んだ。それは悲痛に満ちた、今までで見たことのない顔だった。そして私は動揺し、思った。(違う…こうじゃない…俺がしたかった事はこんな事じゃないんだ…!)その刹那、私は彼女の口内に射精し、強く彼女を抱きしめていた。『んふふ☆ウケる〜』ゆうは笑ってる。これが恋のはじまりであったのはその時の私たちには知る術もなかったのだ。
このエロい素人娘の抜けるエロ動画はコチラから
続きを読む


関連記事

   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク LINEで送る

素人AV体験撮影314 庵 20歳 ニート【サンプル動画有】

siro-788_01

晴れた昼の代官山にあるカフェ。私は一人、店の中へと入った。「ヘイ!マスター!!いつものやつ!!」と、指を鳴らしながら声をかける。私は毎週のようににこの店へと通っていた。と言うのも、この場所が私のお気に入りの面接場所なのだ。このシロウトTVでは、毎日にように女の子から面接の以来が来る。私はその面接を担当している一人なのだ。そして私が面接場所に選んだのがこのカフェだ。今までの経験上、事務所のような堅苦しくて小汚い場所でやるよりも、女の子もリラックス出来るようで、話が弾む。また、この店のミルフィーユは格別にうまい!!是非女の子にも食べて欲しい。そして正直な所、私も食べたい。美味しいものを食べながら、女の子と楽しくお喋…いやいや面接をする。軽い恋人気分を演出し、女の子のHな深層心理を引き出す。私がここで面接する一番の目的はそこにあった。「いつもありがとうございます」と、マスターがいつものコーヒーを持ってきてくれた。この店はコーヒーもうまい。やや深煎りでコク、甘みが強く、味わいが豊かだ。香りもコーヒーらしい香ばしい匂いがする。その魅力に惹かれ、この店に通うようになり、マスターとも親しくなった。私が、このお店をHな仕事の面接に使いたいと相談した時も、嫌な顔一つせず快く引き受けてくれた。そして、今日も一人の女の子がこの場所に面接にやって来る。名前は庵。年は二十歳だと言う。一体どんな女の子なのだろう。写真で見るかぎりおっぱいは結構有りそうだ。ボーイッシュな出で立ちがさっぱりとした印象を抱かせる。「チリンチリ〜ン」扉が開いた。写真の女の子だ。いや、写真の女の子のはずだが、写真で見るよりずっと可愛い。もー合格!!一目みた瞬間そう思った。「はぁはぁ、早く面接したい」私の気持ちは高ぶり、あそこの部分も天を仰いだ。そんな私の内心を知ってか知らずか、彼女はこちらを見て、「シロウトTVの面接こちらですよね」と声を掛けてきたのだった。早速向かいの席へと座らせる。「コーヒーでいい?」私が聞くと頷く彼女。するとマスターがすかさず、彼女にコーヒーとミルフィーユを出してくれた。「ここのミルフィーユぜーったい美味しいから。もうほっぺた落ちちゃうくらい。」と、それをネタに話を切り出す。緊張が解れてきた頃を見計らって次第にHな質問をぶつけてみた。私が思った通りのさっぱりとした、それでいて可愛い女の子だ。恥ずかしいのだろう。サバサバとした受け答えに紛れ込む惚け。それがまたイイ!!おっぱいも大きい。早く生で拝みたい!!もう待ち切れない。来週撮影しよう!そうしよう!!私は彼女とそう約束し、その場を後にした。
このエロい素人娘の抜けるエロ動画はコチラから
続きを読む


関連記事

   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク LINEで送る

素人AV体験撮影442 くみこ 20歳 短大生【サンプル動画有】

素人AV体験撮影442-くみこ-20歳-短大生1



モノトーンくみこ。彼女は白と黒が好きだ。服装は大抵白と黒、持ち物も白と黒が多めだ。下着はビビッドピンクなのだが――。彼女が白と黒を愛しているのには理由がある。ピアノが大好きなのだ。小さい頃からピアノを習い、実家にあるグランドピアノと成長を共にしてきた。将来はピアニストかなぁ?などと母親には言われていたが、くみこはピアニストになろうなどという気はちっともなかった。ピアノは大好きだが、ピアノを弾くことはあまり好きではなかった。あの黒くてぴかぴか光っていて大きくて硬い躰、叩けば綺麗な音を奏でる鍵盤。見た目やその性質が好きだった。上手く弾けないから弾くことは好きになれなかったが、一緒に居れるだけで幸せだった。ピアノは何も裏切らないと信じていた。しかし、ある日事件は起こった。それはくみこが小学六年生になった頃、周りの友人たちが好きな人の話で盛り上がっていた時だ。「私は○○君が好き!」「私は絶対××君と結婚するんだ!」などと友人が言い合っていた。くみこの運命の人は実家のグランドピアノであった。それ以外に好きな人はいないし、絶対にピアノと結婚するんだと信じて疑わなかった。友人が「くみこの好きな人は?」と聞いてきたので、そのことをはっきり伝えると、みんなは揃って「くみこちゃん、ヘーン!」「ピアノなんかと結婚はできないよ!」そう言ってきたのだ。くみこはピアノに恋するのが普通でないことだと知った。初めてピアノに裏切られた時であった。それ以来ピアノを習うのをやめ、ピアノの下に布団を敷いて寝るのもやめた。それからは普通の人間と恋をした。――初恋は忘れられず、未だに白と黒のものを集めてしまうのだが――普通の恋をし、普通のセックスを経て、くみこはペニスが好きになった。見た目やその性質のせいだろう。彼氏と別れたばかりのくみこは、ペニスに触り愛でたいという単純な理由でAV撮影の誘いに乗った。まだペニスには、裏切られていない。
このエロい素人娘の抜けるエロ動画はコチラから

続きを読む


関連記事

   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク LINEで送る

素人AV体験撮影434 あかり 23歳 美容部員【サンプル動画あり】

pb_p_siro-1196


世の男は皆おっぱいハンターの素質を持っている。個人間の違いは狩る対象が大きいか小さいかということだけ。誰もが無自覚な可能性を秘めているのである。俺は大きいおっぱいに特化したおっぱいハンターを第二の職としているわけだが、先日発見した女は稀に見る素晴らしいおっぱいを、そして身体を持っていた。その名は、あかり。明るく社交的な女である。ある日、獲物を探してあてもなく街を彷徨っていた俺は、乾いた喉を潤そうと目についた自動販売機で飲み物を購入した。そして早速その場でゴクゴクと飲んでいたのだが、俺の後に買いに来た女が今回の獲物となったあかりである。取り出し口へと手を伸ばす彼女の圧倒的な谷間を見た瞬間、私の中で何かが弾けた。「これはなんとしても狩らねばならない・・・おっぱいハンターの名にかけて!!」そう決意して、期待に震える声をなんとか取り繕いつつ話かけたのだ。すると・・・最初こそ戸惑ってはいたものの悪くない感触が返ってきた。経験上、こういう場合は真摯に詳しく説明をすると安心して狩られてくれる。結果、煩わしい条件交渉するまでもなくOKの返事を貰うことが出来た。聞くところによると、近々行く予定の海外旅行の資金を少し追加したいと考えていた最中だったとか。生きていく中でこんなにも、お金の力は偉大だな、と実感する機会もなかなかないだろう。飲み物を買うタイミングといい、彼女の悩みといい今回の俺は幸運である。おっぱいハンターとして、運を味方につけるのは非常に大切なこと。これも普段から職務に精を出している賜物だろう。一瞬で目に焼き付いた、その感触の妄想を駆り立てる魅惑の谷間。早く生でこのおっぱいを眺めたい、この手で揉みしだきたいとはやる気持ちを抑えきれず、近くに住む友人の家に半ば強引に了承を取って連れ込んだ。生のおっぱいがどれほど素晴らしかったのかをここで語るのは野暮なのでやめておこう。ただこれだけは言っておきたい。彼女は男が求めるエロさを身体で分かっている。・・・おっぱいハンターの俺の目に狂いはなかった。
このエロい素人娘の抜けるエロ動画はコチラから
続きを読む


関連記事

   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク LINEで送る





記事内検索
今日はどんな素人娘のエロ おっぱいでヌこうか迷われ てますか?! そんな時はコチラから気に なる単語で一発検索が可能! 楽しんで下さいね♪

最新エロ
アクセスカウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索ワード

今日のおかず
アクセスランキング
タグクラウド

RSSリンク登録
QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

翻訳( language selection)
フリーエリア

  • SEOブログパーツ
自動上位ツール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。